スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカで車の免許を取る(筆記試験編)

この夏休み中にやるべきことはいろいろあって、その中の一つ「運転免許の筆記試験を受ける」がありますが、やっと今日受けてきました。冬からずるずる延期してたからなぁ・・・

アメリカに来てすぐに筆記試験はパスしてたので仮免許は持ってたんですが、合格後1年以内に運転の試験をパスしなければそれは無効になってしまうんです。いつか取ろう、取ろう・・・と思ってなかなか踏み切れず1年が経過してしまったので再度受けてきました。試験はDMV(Department of Motor Vehicles)という所で受けます。
試験を受ける前に筆記試験の勉強をしていざ試験に臨みます。普段運転をしないので交通ルールなどは私にとってめっちゃ難しい・・・汗。(→違う勉強してるほうが楽やねん。)

DMV(Department of Motor Vehicles)
サイズ変換_2012-07-10 13.44.06

DMVはいつもすごく混んでいるのでできるだけ早い時間に行くかアポを取っていったほうがいいです。私は申し込むまでに1時間以上待たされました。
持ち物は留学生であれば、
1.パスポート
2.I-20(入国の際のスタンプがあるものの方がいいです)
3.手数料$31
4.カリフォルニアのID(持っている場合)

待っている間に申し込み用紙を記入。受付で見せると番号札を貼り付けてくれるので、モニターで自分の番号が呼ばれるまで待機。
モニターに自分の番号が映し出され、その横にカウンター番号が現れるので支持されたカウンターに行って手続きをします。手数料は$31でした。(2012/07/10現在)
書類の手続きをしているときにカウンターの上に視力検査のボードがあるので片目ずつ手で隠して支持されたものを読み上げます。(→何で手やねん。)
それから親指の指紋も取られます。

手続きが完了したら次は写真を撮りに行きます。書類を渡してパシャ・・・めっちゃ不細工でびっくりしたわ。この時に撮った写真が運転免許証の写真になります。目が半分の大きさになってた・・・これで3年間っていややな・・・日本の試験場で撮ってもらった写真の方が100倍いいわ。

写真を撮るときにも親指の指紋をまた取られます。その後筆記試験の問題用紙を渡されますが、ロスアンゼルスカウンティはほとんどのDMVで日本語で筆記試験が受けれます。(サイトで確認できます。)
なのでもし日本語で受けたければそれを申し出ると日本語で書かれた試験問題をくれます。
私は「試験、英語で受けるでしょ?」と聞かれましたが、日本語の問題集で勉強してたので日本語で受けました。

試験が終わったらカウンターに提出して合否結果を呼ばれるまで待ちます。
合格したら仮免許証(紙ですが)をくれるので後日実技試験を受ける日を電話かネットから申し込めばOKです。

ちなみに筆記試験のハンドブックは図書館や市役所などで無料で手に入ります。
サイズ変換_2012-07-11 10.01.57
日本語はスーパーなどで無料配布されている日本語版イエローページなどに載ってますのでそれで勉強すればいいですね。
でもこの試験なめてると落ちます。私の友達は1回目の試験落ちてた子結構いてましたよ。

さて、今から運転の練習をして、今度こそは今年中に免許取らなければ!!






応援のクリックお願いします
ありがとうございます
人気ブログランキングへ


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ロサンゼルス
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

もも☆L.A

Author:もも☆L.A
こんにちは☆

現在、旦那とL.A.に住んでいます♪
日々の暮らし(ほとんど食べ物!?)を毎日更新中。
ガイドブックには載っていないL.A.郊外の情報も時々更新!
コメント大歓迎☆リンクフリーです♪

最新記事
フリーエリア
カテゴリ
フリーエリア
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1016位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
160位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
FC2ブックマーク
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。